今回紹介する体験コースは「てぬぐい」プランです。

1まずはコースを選びます。

受け付け後、まずは10分コースまたは20分コースのどちらにするのかを選びます。
10分コースの場合は、すでに三角形に折りたたまれた手ぬぐいをお渡しします。

20分コースを選ぶと、てぬぐいを正三角形に折りたたむ所からスタートします。たたむ作業からスタートすると、より手作り感が味わえます。アイロンで丁寧に形を整えていきます。

25色の染料の中から選びます。

てぬぐいの準備ができたら、雪花絞りの説明をさせていただきます。その後、5色用意されている染料の中から、染める色を選びます。
日によって色は変わりますが、基本は赤、紺、紫、緑、オレンジの5色。この中から、1色~3色まで選んでいただくことができます。

3ドキドキ、染色スタートです。

色が決まったら、まずは1色目から浸けていきます。1回浸けたら二度浸けはできないので、慎重に作業します。
浅く浸ければ小さく、深く浸ければ大きな花模様になります。また、短く浸ければ細く、色も薄い模様になり、長く浸ければ丸い、濃い模様に。
ちょっとした浸け具合の違いで、驚くほど仕上がりにも変化が出るのがこの絞り染めの魅力です。

4ちょっと一息して

一色目を終えてちょっと一呼吸。
コツをつかんだら、くるっと回して浸ける場所を変えます。

52色目・3色目もどんどん浸けていきます。

続いて、2色目、3色目と浸けていきます。
それぞれの色が重ならないように浸けるとより美しく仕上がりますが、これがなかなかの難関ポイント。浸けたところから1cmほどはじわじわと染料が染みてくるので、見極めが難しいのですが、よ~く見ながら浸けていきます。
色が重なってしまっても、そこがまた手作りならではの味わい。最後まで楽しんでくださいね。

6余分な染料を落として乾かし、完成!

浸け終わったら、水の入ったバケツの中に手ぬぐいを沈め、余分な染料を洗い流します。
そして、パッと手ぬぐいを広げると、、、そこには大小さまざまな形をした、美しい花の模様が広がります!
染料が空気に触れることにより、それまでどこか暗く、深い色をしていた柄が、みるみるうちに鮮やかな色に変わっていくさまを見られるのもまた圧巻。実体験でしか味わえない、さまざまな感動が沸き起こります。

次は、あなたが体感してください!

ご予約はこちらから >>>

絞り染め体験教室

子どもから大人まで気軽に楽しめる体験メニューをご用意。京都での観光記念にもぜひ。

絞り染め体験教室

絞り染めのことなら何でもご相談ください

OEMや絞り染め加工、また学生の方の卒業制作指導などにも対応致します。
また、現在人気テレビドラマなどへの衣装提供や制作も行っております。お気軽にご相談ください。

お問合せ